初期妊娠中絶の流れ|初期妊娠中絶の流れと方法を知り中絶手術に備える

初期妊娠中絶の流れと方法を知り中絶手術に備える

初期妊娠中絶の流れ

先生

妊娠してからの期間が11週から12週あたりの状態において、初期妊娠中絶が行なえるようになっています。大阪や全国の様々なクリニックで初期妊娠中絶は行なわれています。まずはじめに、その方法にはどういったものがあるか確認していきましょう。初期妊娠中絶の内容は大きく二種類存在します。
ひとつ目は、掻把法と呼ばれるものです。道具を用いて胎児を掬う方法です。その道具はスプーンのような形状をしており、そのため感染症の発症といったことは起きづらくなっています。ふたつ目は、吸引法と呼ばれるものです。こちらは、吸引器を用いて子宮内を吸い出す方法です。この方法は、滅菌が必要なため、感染症には気を付ける必要があります。
では、大阪や全国のクリニックで行なわれている初期妊娠中絶の流れについて確認しましょう。まずは産婦人科のクリニックで検診を行ないます。妊娠の診断を行なったのち、中絶手術をするのであればそのタイミングで同意書等の各種書類に関する説明を受け、手術日を決定します。その後、手術前日には術前処理を行なうことになります。当日だけの施術ではない点に注意が必要です。食事や入浴について制限があります。詳細は大阪や全国のクリニックへ事前に問い合わせると良いでしょう。手術当日は食事を摂らずにクリニックへ向かい、麻酔を注射します。麻酔の影響で眠っている間に手術を行なうことになります。従って、目覚めた時には手術が終わっているという状況になります。
このような流れで初期妊娠中絶の手術は進んでいきます。不安な点は大阪や全国のクリニックで早めに確認したほうが良いでしょう。