初期妊娠中絶の方法|初期妊娠中絶の流れと方法を知り中絶手術に備える

初期妊娠中絶の流れと方法を知り中絶手術に備える

初期妊娠中絶の方法

カウンセリング

初期妊娠中絶の手術方法には、二種類のものが存在します。大阪や全国のクリニックで行なわれる初期妊娠中絶の手術はこの二種類のいずれか、または双方を併用するなどといった方法で手術が行なわれます。それぞれの特徴を押さえ、不安や確認しておきたい点があれば実際に施術を受ける予定のクリニックに問い合わせてみましょう。初期妊娠中絶の手術は大阪や全国の産婦人科で受けることができます。
一つ目の手術方法は、掻把法です。掻把法とは、目に見える形で子宮内から胎児を取り出します。その際に用いる道具はいくつかあり、胎盤鋏子と呼ばれるハサミのような形状の器具やスプーンに似た器具などが存在します。それらの道具を用いて掻き出すように胎児を取り出すので、どこか原始的に捉えられるかも知れませんが、大きな利点があります。それは、感染症が発生しづらいというものです。後述する吸引法と比較して感染症の問題発生率を大きく抑えられるというのがこの施術の特徴です。実際に道具を用いて胎児を取り出すのは医師なので、搔把法を用いるのであれば、施術を受ける予定のクリニックにて担当医の実績を確認しておくのも良いでしょう。大阪や全国にて、搔把法の実績がある医師もいらっしゃるので、そういった目線でクリニック選びをしても良いかも知れません。
二つ目の手術方法は、吸引法です。こちらは搔把法と違い、施術に機械を用います。その機械は吸引器となっており、吸引の力で子宮から付属物を取り除くという施術内容になっています。この施術は妊娠中期以降の状態には用いることができず、あくまで初期妊娠中絶に対応しているものです。大阪や全国のクリニックにおいてこの施術を行なう際には、手術前日に器具を用いて子宮を広げておき、当日の手術を行ないやすくするという場合もあります。
手術によって方法に違いがあることが初期妊娠中絶手術の特徴です。大切な手術のため、あらかじめクリニックへ内容を確認しておくことが望まれるでしょう。